めーすた 森田春代 タペストリーカレンダー(黄金雅) 【六月始め版 2018-2019】

GDS_HRY_007b
GDS_HRY_007b
GDS_HRY_007b
GDS_HRY_007b

めーすた 森田春代 タペストリーカレンダー(黄金雅) 【六月始め版 2018-2019】

GDS_HRY_007b
  • 注目作
  • 文房具
めーすた 森田春代 タペストリーカレンダー(黄金雅) 【六月始め版 2018-2019】
在庫状態 : 売り切れ
¥3,200(税別)
只今お取扱い出来ません
  • 商品詳細

【商品説明】
本商品は、【六月始め版 2018-2019】となります。
※出荷は6月1日以降となります。
※Web上のサンプルデザインは、2018年1月始めですが、製品は同6月始めとなります。

頑固に日本の物づくりの哲学を守り続ける、『めーすた』は東京新宿区に、最新の印刷設備を備える印刷業界の老舗、メイク印刷の直営ブランドです。
印刷の匠が、長い経験と業界トップクラスの独自に培った画像レタッチ技法を用いて、原画の持つ『質感』と『色合い』を極限までオリジナルに近づけ、2018年のカレンダーとして、和装美人画の掛軸風タペストリーに仕上げました。
素材は高級感のあるスウェード生地で、表面には艶もありインテリアとしてもお楽しみ頂けます。

生地:スウェード(片面フルカラー印刷) サイズ:H730×W520
上下袋加工、塩ビパイプ/キャップ/紐付き 日本製
※軸の画像は同仕様の他商品のものです。

【森田春代と美人画】
森田春代は、大衆絵師としての葛飾北斎に共感し、長年の海外生活から、欧米人の目を通じた浮世絵や水墨画、和装技法と歌舞伎の芸術性などの再解釈を試み、解りやすく美しく躍動感のあるモダンな美人画のスタイルを確立しました。
ロンドン、ニューヨークをはじめ世界各国で高い評価を得ると共に、多くのファンからカジュアルに親しまれています。長い時間をかけて精緻に描き込むことで、極限まで高められた艶やかな色彩表現。モダンなのにどこか懐かしくもある比類のない魅力を産み出しました。